ストーカー被害でお困りのとき!

犯罪になる行為とは

つきまとい、待ち伏せ、立ちふさがり、被害者が通常いる場所(住居や勤務先、学校など)での見張りや押しかけ
行動を監視していることを告げる
面会や交際など、被害者に義務のないことを要求する
著しく乱暴な言動をする
無言電話や、拒まれたにもかかわらず連続して電話やファックスを送信する
汚物や動物の死体などを送る
名誉を害することを告げる
性的羞恥心を害することを告げたり、性的羞恥心を害する文書や図画などを送る

上記の項目に照らし合わせて、繰り返し犯罪が行われるとストーカー行為とみなし、罰する事が可能となります。

ストーカーに対する罰則

最高100万円以下の罰金、1年以下の懲役

ストーカーの対処方法

ストーカー調査

実際に行われた犯行の記録を取り、証拠としてを収集します。調査中には危険を避けて頂く為、多少行動を制限させて頂く場合がありますが、緊急を要する場合は警察と連携し調査員が保護する事もあります。

解決方法はさまざま

再び、被害者の目の前にストーカーが現れない様にすることが一番大切ではないでしょうか。

調査料金

ストーカーの証拠収集・解決 お問合せ下さい。
内容により料金が変わります。
弁護士・司法書士のご紹介 無料
お支払いはご安心!

調査料金のお支払いは、分割・提携ローンが可能です。

年中無休・24時間対応いたします。お問い合わせ・ご相談はこちら